読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30分英語を話すならウケを5回とる。

 

これ、私が中学校の時に立てた無理めな目標です。
英語を習い始めたばかりで、いつもボケーッとしていたけれど、
ぼんやり、英語はこんな感じで話したいなあ、と思っていました。

 

もっと他に外資系でバリキャリを築く!だとか、
翻訳、通訳するだとかいう野心は無いのかという感じですが、
「それって本当に楽しいの?」

「笑わせるのが一番楽しいでしょ」

「宴会芸で使えたらナンボでしょ」と本気で思っていました。

 

でも実際これ、先に挙げた目標

「30分英語を話すならウケを5回とる」

って、わたしの場合、叶っているんです。
6分間に1回というなかなかの頻度になるんですが、これが意外と出来ています。

っということで、英語は英語でも
自分はどんな種類の英語を話したいのか、って決めること、
意外と大切だと思うんです。

ほら、目標に数字入れるといいとか
どっかの本で言っていた気がするしねっ!

自分が英語を話しているとき、
どんな自分になっていたいかをイメージするといいです。

私の場合、「ゆる〜いキャラで、ばんばんウケを取っている」
が自分の理想の姿でした。

 

 

そんな私もはじめは、
「英語が話せるひとかっこいい。」
と、ただただボンヤリ思っていました。

それからテレビで、ネット上で、
時にはリアルに目の前で英語をペラペラ話す人をたくさん見かけました。

 

テキパキ話す人、

マジな様子で語り、相手を説く力がある人、
プレゼンで観衆をおおーっと言わせる人、
ちょっとブイブイいわせてる感じでヤンキーぽい人、
威圧感半端ない人、、
ウケとりまくってる人。

 

ネィティブでも、ノンネィティブでも
話す英語にはたくさん種類があって
総じて一定の格好良さがあるけれど、

 

私が激しく

「こんな風になりたい、、!!」

と思えたのは
ウケをとりまくってる人をみたときでした。

 

 

ペラペラ格好良くクールに話している人は日本人でもたくさんいるけど、

なかなかこうなりたいとは思えない。

憧れの気持ちが持てない。

 

でも英語でウケをとりまくっている人を

見かけた時、私の中で激しく嫉妬心が湧いたんです。

 

「う、うらやましい、、」

 

そのとき、私の中で

どんな種類の英語をはなしていくか決まったんです。

 

 

こうして、英語を使いながら

いかに目の前の人を笑わせるかに全力を注いだ結果、、

 

■初対面でもひとウケとりすぐさま仲良くなれる

■いろんな国のおもしろネタに強くなる

■リアクション、顔芸の進化

■外国語でもリラックス、素の自分でいられる

■ありのままの自分でウケる→うれしすぎる

■国境を越えてソウルメイトをみつけられる

 

 

みなさんも、

「英語を話せるようになりたい!」

と思ったとき、

ふと立ち止まって、自分はどうありたいのか、そもそもどんな種類の英語が話したいのか、考えてみませんか?

 

 

 

そんな私が自分の人生で大切に思う5つの理念がこちらです。

 

#LET'S CRACK PPL UP TOGETHER
カジュアル英語で世界中の人と笑いあう達成感を共に味わおう!

#AWESOME JUST THE WAY YOU ARE
あなたは、そのままのあなたが素晴らしい!

#GIVE A TOAST ANYWHERE ANYTIME
好きな人と好きな時に好きな場所でカンパイ!ができるライフスタイルで生きる。

#I'M COMING IF YOU'RE IN NEED
あなたが必要なとき、わたしはすぐに会いに行く!

#EAT DESSERT FIRST
人生は短い、デザートは先に食べて。人生でやりたいことは先にしよう。好きなことで自分の人生を生きる。