読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これでわたしゃ救われた。クオート集。

 

へーイ!

オーマイブッダかんなです!

 

 

f:id:tomcats_033:20170309233652j:image

 

 

オーマイブッダかんなは、

 

田舎町に生まれ、

 

ばーちゃんが庭で作った野菜で育ちました。

 

 

土いじりも好きで、

南の島の古民家で暮らし始めては、

 

 

ゴーヤ、トマト、

空芯菜(エンツァイ)、

大葉、ルッコラパクチー

育てています。

 

f:id:tomcats_033:20170310000137j:image

 ちっこくてもしっかりゴーヤー娘!

 

 

 

そんなこんなで

フロリダにいた時、

 

ディズニーのお仕事が忙しいのと、

 

まわりがミッキーだらけで

緑があんまりなく 

f:id:tomcats_033:20170310000719j:image

心がすさんだ時期がありました。

 

 

 

 

 

そのときヨガ、瞑想、

いろいろしたんですが

 

 

 

わたしを本来の調子に

戻してくれたものに

 

Quote

 

 

がありました。

 

 

クオートは、

ビビっとくる名言だったり

うおー!とやる気がでるものです。

(もともと"引用"の意)

 

 

 

英語をうきうき!わくわく!

した気持ちで話したいのに、

 

 

 

 

そのときのメンタル状態が

自分の首をしめ

足をひっぱっている! 

f:id:tomcats_033:20170310003946j:image

 

そう感じた私の場合、

 

 

 

そのメンタルケアのために

Quoteがとても効果的でした。

 

 

 

なのでシェアシェア!

 

 

 

 

いっこめ!

 

 

"When you drink, you're borrowing tomorrow's happiness." 

"お酒を飲んでいるとき、アナタは明日のぶんの幸せを前借りしているのよ"

 f:id:tomcats_033:20170310122752j:image

いきなり酒についてかよ!って感じですが、これ好きなんです。

プフッー!と笑えてなんだかふっきれました。

 

 

 

 

 

"Drinking beer too much can lead to,,,Um,,,Uh,,,I forgot."

"ビールを飲みすぎることはね、えっとね、、あー、、なんだっけ"

 

 

これ、どっかのBARの店先にあった看板に書いてあったんですが、

これで、なんだか細かいことはどうでもよくなりました。

 

 

 

 

 

"Go out of the way to see the world."ーMark twain

f:id:tomcats_033:20170310122036j:image

"無理をしてでも旅に出よう"

 

 このすんごい無理矢理感がでている猫さまが好きで。

 

 

 

"Friend in need is friend indeed."

"必要なときに現れてくれる友達は本当の友達"

 

 

本当にそうだよなーと思います。 

 

 

 

 

"If today were the last day of my life, would I want to do what I'm about to do today?"ーSteve jobs

"今日が人生最後の日だとしたら、今私がまさにしようとしていることを、したいと思うだろうか?"

 

 

これはあのスティーブ・ジョブズによるもので、うーん。ストイック。

アップル製品のようにブランド感があって、ツヤめかしいことばです。

 

 

 

 

"Imagine yourself 99 years old in your deathbed, and have a chance to come back right now. What would you do?"ーJérôme Jarre

 "自分が99歳で、まさに死の床にいると想像してごらん。それでたまたま、まさに現在の自分に戻ることが出来たとする。そのとき、君はなにをするかい?"

 

 f:id:tomcats_033:20170310123246j:image

これは私の大好きなフランスのVineスター!によるもの。

 

Vineは7秒動画のSNSです。まじで彼はおもしろい。youtubeでも、よくまとめられています。

そして、このすんごいえがお

ちなみに、この写真では

"I'm the happiest guy in the subway"(オレが地下鉄でいちばん、ハッピー野郎だ)と言っています。

 

 

 

 

 

"Once in black, you never go back." 

"いちどブラックの良さを味しめたら、投げ出せなくなるよ。"

 

フロリダにいるとき、

アンティグア(カリブ海の島)からの

ブラックの男の子にドはまりしている時期がありました。

 

そこでアンナが一句。

※アンナはイタリア人のルーミー(ルームメイト)

 

 

彼らって、なんだかおっとりしていて、

せかせかしていなくて、

とっても癒される。

ブラックの体格の良さ、独特の声とか雰囲気にもうメロメロでした。

 

 

 

 

 

以上!

わたしを救ったクオート達です。

 

 

ライミング(ラップみたいに韻を踏んでいる)ものが多くて、

覚えると楽しいのと、

 

 

使ったことがない表現を知れて、

まるまるっと楽に自然と覚えれてしまうので、

 

クオートはおすすめです。

 

 

教訓もなんだかんだあるしね!

 

 

 

 

そんな私が自分の人生で大切に思う5つの理念がこちらです。

#LET'S CRACK PPL UP TOGETHER
カジュアル英語で世界中の人と笑いあう達成感を共に味わおう!

#AWESOME JUST THE WAY YOU ARE
あなたは、そのままのあなたが素晴らしい!

#GIVE A TOAST ANYWHERE ANYTIME
好きな人と好きな時に好きな場所でカンパイ!ができるライフスタイルで生きる。

#I'M COMING IF YOU'RE IN NEED
あなたが必要なとき、わたしはすぐに会いに行く!

#EAT DESSERT FIRST
人生は短い、デザートは先に食べて。人生でやりたいことは先にしよう。好きなことで自分の人生を生きる。

 

 


メルマガ🏳️‍🌈『オーマイブッダかんなのカジュアル英語』

チカラを抜いて、スルメをかじりながら自分の英語でウケを取りに行きましょう!
カジュアル英語の話し方をシェアしています。おかげさまで国内外1000名以上の方にお読みいただいてます。
お金はいただいておりません。登録解除はご自由に😌

💌http://shakanna.com/neo/usrctrl.php?mag_id=2